忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
406  405  404  403  402  401  400  399  398  397  396 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24日クリスマスイヴは「別府クリスマスHANABIファンタジア」
に出演させて頂きました!

海沿いの大きなステージには花火が隠されていて、本番は花火の向こうに
会場の皆さんが見えるという初めての経験もありました。
4曲も短いステージではありましたが、寒い中熱心に聴いてくださって
本当にありがとうございました☆
今年の歌い納め、心から歌いました。

私のライブが終わった後すぐ、待ちに待った冬の花火が大空に咲きました。

      

冬は空気がきれいだから、花火も鮮やかに見えるんですね。
控え室のすぐ後ろは海で、そこから花火が上がっていたので、
打ち上げ花火と自分の間に誰も人がいないというロケーションには感激!

クリスマスの花火を堪能しながら、今年を振り返ったりしました。

その後の打ち上げはなんと「ふぐ鍋、ふぐ刺し」
大分はふぐの水あげが日本一なんだそうです。
こんなに新鮮なふぐは他の県では食べられないそう。

ビバ!大分!


帰る日は、今回のイベントをご一緒させて頂いた、
山田タマルちゃんと一緒に砂風呂へ。

昭和初期に建てられた木像の建物の中に、立派な砂風呂が!!
これも生まれて初めての経験だったので、砂の重さに驚きながらも
身体の毒素が抜けてすっきりでした!


そんなわけで。


今年、ライブでたくさんのことを学んだし、成長できたと思えます。

会場に来てくださった方ひとりひとりにありがとうを言いたいです。

本当に、その笑った顔に勇気をもらって今日があります。

来年もさらに音楽を伝えていきますので、よろしくお願いします!

みんな、ありがとう!!!
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
歌い納め
別府かぁ。大学3年の時に行ったっきりですね。
関西汽船の船で行き、朝方上陸したのですが、船から温泉街の湯煙を見たのが強く印象に残ってます。
冬の花火というのは、まだ見たことがありません。澄み切った空気のなかに開く光輪は、夏とはまた違う冴えた美しさに満ちていることでしょうね。
今年の歌い納めに、文字通り東奔西走の大活躍。まことにお疲れさまでした。
二〇〇八年はARIAさん曰く「末広がりの年」。きっといい年にしましょうね。
かんぱち EDIT
at : 2007/12/29(Sat) 03:23:38
無題
冬の花火ですか。さぞ、綺麗だったのでしょうね。きっと、そういう事柄一つ一つが心の財産になっていくんでしょうね。
小関 EDIT
at : 2007/12/29(Sat) 00:29:42
風流ですね
 現在は、転勤しておりまして大分から離れていますが。
 大分にいらっしゃったのは久しぶりなのでは?
 別府だと城下カレイも有名ですね。
フラワーブック EDIT
at : 2007/12/28(Fri) 05:53:07
別府のランドマーク
こんにちは。

別府でのイベントについてのレポ、誠にありがとうございます。

いや~、観たかったですね。
綾子さんのステージ、花火大会、そして温泉三昧。自分にとって至福の一日となったはずなんだけど…。(笑)

砂風呂を堪能なさった所は「竹瓦温泉」という市営の公衆浴場ですよ。お湯の張られている普通のお風呂と砂風呂があります。屋根の造りは「唐破風」になっている堂々とした構えに、「ここが浴場?」なんて声が聞こえそう。建物の中もレトロな雰囲気たっぷり。でも、これが別府温泉を代表する、ランドマーク的存在です。「竹瓦温泉」に来た綾子さん、正解!
トーマス@携帯 EDIT
at : 2007/12/27(Thu) 12:42:52
TRACKBACK URL 
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]