忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
896  895  894  893  892  891  890  889  888  887  886 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木下惠介生誕100年記念映画
「はじまりのみち」の完成披露試写会に出席しました!

私はこの映画のクライマックスからエンディングで
「まっすぐな心」というスキャットの歌で参加させて頂いています。

もう、感動しました。

日本中が涙した「二十四の瞳」の映画監督木下惠介監督の
運命を変えた母と子の感動実話。

何度も涙が溢れてきて、母を大切にしたい気持ちでいっぱいになりました。



また一人の人間の生き方、時代背景の中で翻弄されながらも、
愛を知りながら切り開いていく未来。じーんと心に染みました。

見終わった後、次の日、その次の日と映画のメッセージが何度も押し寄せてくる。
母の温もりのように優しく心の温度を上げてくれる作品です。

http://www.shochiku.co.jp/kinoshita/hajimarinomichi/

この日は、監督の原恵一さん。主演の加瀬亮さん 母役の田中裕子さん 
便利屋の濱田岳さん 兄役のユースケサンタマリアさんなど
出演者の皆さんが舞台挨拶をされ、作品についてお話されていました。

原監督は今回初めての実写作品ということでした。
とても美しい世界と人の心にぐっと迫った描写に心震えました。

制作秘話もたくさん伺えました。過酷なロケ現場の中、
ユースケさんは明るく盛り上げながらも、撮影が始まると一転、
役柄の繊細さが際立つ演技をされていたこと。

母役の田中さんの佇まいに導かれるように息子役の加瀬さんも自然に涙が出てきたと、
言葉を越えて息の合った撮影だったこと。

夏のシーンを撮るために11月氷を口に入れて撮影されたことなど
どれも聞き応えのあるものでした。

田中さん、本当に素晴らしくて、最後のシーンでは涙が止まりませんでした。
濱田さんがとてもチャーミングで個性的で、スクリーンから輝いて目が離せなくなります。

こんな素晴らしい作品に参加させて頂いて、本当に光栄です。

いよいよ6月1日から全国で公開します、ぜひご覧ください。
私ももう一度、今度は家族でゆっくり観に行きたいと思っています。
そう思わせてくれる作品でした。

6月5日リリースのアルバム「この時の中で」の中に「まっすぐな心」を収録しています。

作曲は昨年「わが母の記」で
日本アカデミーの音楽賞を受賞した富貴晴美さん。
映像で紡がれる物語をさらに心に繋いでくれるような音楽。
富貴さんとの出会いにも、感謝です。


ということで、6月は映画とアルバムリリースです!

今の私の精一杯で、本気で音楽の中に潜って手にした音楽たちを収録できたと思います。
いよいよ皆さんの耳に届くんだな。本当に嬉しい。

ぜひ楽しみにしていてくださいね!!

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
いい!
声が嬉しくて、心がどこにあるかわからないけど、喜んで、目を閉じて深く深く自分を見つめて、花咲く丘で、聞き込んでいます。
松本留吉 EDIT
at : 2013/06/05(Wed) 21:49:18
無題
綾子ちゃんがエンディング曲を担当している、木下惠介生誕100年記念映画
「はじまりのみち」が昨日から始まりましたね。
素晴らしい作品に参加できた事、まずは本当におめでとうございます。

そして おめでとうーと言えば…
6/1は池田綾子生誕記念日、こちら本当におめでとうございます!!

この1年も、家族揃って良い年になるといいですね☆

またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
n@o EDIT
at : 2013/06/02(Sun) 06:57:34
私も♪
私も楽しみで、仕方ありません。


新しいアリバムに、映画、ライブ…池田綾子さんのお名前を見るたびに「やった~!」と思っています。


活動を続けて貰えて、一人のファンとして嬉しく思います。ありがとう(≧ω≦)☆*゜
お茶 EDIT
at : 2013/06/02(Sun) 00:05:16
はじまりのみち鑑賞記
コメント連投ですみません
m(_ _)m

本日、映画の日で「はじまりのみち」を観て来ました。
冒頭の海岸からラストの流れる雲までシンプルなストーリーの中で「上手い!」が連続するよく出来た映画でした。
富貴さんの音楽に池田さんのスキャットが加わってラストは本当にいい雰囲気でしたね。YuccaさんのYAMATOでのスキャットが無限に広がる宇宙の広さを表現している様に、池田さんのそれは観ている人をより深く木下監督の映画の世界へいざなってくたと感じました。ニューアルバム発売前にこのシーンを観られて、今日は劇場まで足を運んだ甲斐があったと池田さんのブログに感謝です。

なお最後に本日はお誕生日おめでとうございます
(・ノェ・)こっそりこれからもご活躍を
jako-ten EDIT
at : 2013/06/01(Sat) 22:33:33
無題
花のうてな、その象形が「不」だそうです。花から実へ、胚胎の形が「丕」それがふくらんだ形が「否」それから熟してわれそうな形が「咅」それを刀でわった形が「剖」、だそうです。
昔は、不を大いにという意味で使用していたそうで、、、たしかに強い肯定は二重否定で表します。
僕の「はじまりのみち」は否定からです。否定を「築く」という行動は、心を建築していく手段「気づく」に等しいと考えています。魅力を感じるとき、それは自らの概念が大いに否定されたときです。だから、わからないもしくは不満が築かれたときはとてもうれしいです。「はじまりの未知」そこに道を直覚するからです。
はい!楽しみです♪
sora EDIT
at : 2013/06/01(Sat) 14:30:05
楽しみにしています。
綾子さんの溢れでる言葉を楽しく読ませて戴きました。感動の映画も見たいですし、綾子さんのNewアルバムもとても楽しみにしています。「まっすぐな心」早く聴きたいです!
カフェスタイルも行けなくて残念が続きますが、次のライブは必ず行きたいです・・・
11月のライブは必ず行く予定です!
何はともあれ綾子さん、ありがとう!!
Ayakoholic EDIT
at : 2013/05/31(Fri) 00:07:29
挑戦
戦時下の軍国主義が渦巻く中で正直に子を想う母親の姿をフィルムに残した木下恵介監督。
クレヨンしんちゃんなどで成功を収めたアニメの枠を飛び出して敬愛する木下監督を描く初実写作品に挑んだ原恵一監督。
今度のアルバムでシンガーソングライター池田綾子の枠を超えて多くの詩や曲の提供を受け新たな世界を切り開こうとされている時に映像畑の二人の監督と池田さんが巡り合えた事は決して偶然ではないご縁なのではないでしょうか。
はじまりの道とこの時の中で、我々ファンが6月のこの同じ時期に巡り合える幸せを噛みしめてこの一週間を過ごしたいと思います。あらためてニューアルバムリリースおめでとうございます。

2年ぶりの渋谷DUOにもおかえりなさい
(・ノェ・)こっそり
jako-ten EDIT
at : 2013/05/30(Thu) 14:24:12
(*^▽^*)
6月は映画にアルバムにカフェスタイルコンサート!
目標が沢山あって日々頑張れそうです(`・ω・´)
映画は…最初から母と行こうかなぁー
えーこ EDIT
at : 2013/05/30(Thu) 10:58:15
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]