忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は本当に良く夢を見ます。

最近気持ちの良い陽気なので、ほんの10分くらい
本を読みながら眠ってしまったのですが。



今日は夢の内容も覚えていないのです。



とんでもなく寂しい夢を見たのか。



目覚めるとぽっかりと穴の開いたようで、

瞬間、ここがどこで、私は誰で、何に向かって生きているのか、

昨日のこと 今日のこと 目的

全く分からなくて、見慣れた自分の部屋の景色すら思い出せない
数秒間がありました。


とんでもなく今日という日の今という時間を生きている自分を客観的に感じて、
大変な道のりの途中に放り出されたような気分になりました。

驚いたので、落ち着くために冷たい水を飲んだら、ようやく
この身体に感覚や心が、焦点が合うように戻ってきました。


うたた寝は、時々とんでもないところに連れて行かれるようです。



そして、誰もが毎日を過ごしながら、
何気ない時間にも、実は奇跡的に莫大なエネルギーを発散しながら、

自然に、懸命に生きている。


小さな赤ちゃん、そして、年老いて息を引き取るその瞬間まで。

生きていることは、

ただそれだけで、


特別で尊いのだと思う。




今日、私の叔父が長く激しい闘病生活を経て、永眠しました。

本当に最後まで「生きた」人でした。

どうか 安らかに

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
大切な人
池田さんの叔父様がお亡くなりになられたとのこと・・・
ご冥福、お祈りいたします。
リンカーンパーク EDIT
at : 2007/05/25(Fri) 21:38:26
祇園精舎の鐘の声…
命あるものは必ず滅します。生きていること事態、夢なのかもしれません。だからこそ、ホタルのように刹那の光を輝かせ、一生懸命生きるのかもしれません。
綾子さんの叔父様のご冥福、お祈りします。
K-SAMA EDIT
at : 2007/05/25(Fri) 17:19:39
どうぞ安らかに
真夜中に目が覚めました。夢は見ていなかったようです。

「ここがどこで、私は誰で、何に向かって生きているのか、」「大変な道のりの途中に放り出されたような気分」
身につまされる思いがいたします。

普段は、所与の生を、それがごく当然のものであるかのように、貪り食って無自覚に生きておりますが、
時々そんなふうに、鈍い日常性の堆積した膜をはぎ取られ、根源的なものに向き合わさせられることがあります。それは私の場合も、夢を見たときであることが多い。
心が早鐘を打つようなその状態は、やがてまた目覚めと共に、日常性の膜のなかに埋没してしまう。でもそうやって時折、生の重みや尊さに向き合うことのできる瞬間って、無くてはならないものだと思います。
命を終えるその刹那にも、綾子さんに貴重な、より良く生きるための糧を残してくれた、その叔父さんに感謝。
どうぞ安らかにお眠り下さい。
かんぱち EDIT
at : 2007/05/25(Fri) 04:04:07
TRACKBACK URL 
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]