忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12
468  467  466  465  464  463  462  461  460  459  458 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、都心部では夕方雷が凄かったです。

私は丁度そのとき、今度のライブのルハーサルで、
hands two hands の8さんと一緒に過ごしていました。

リハーサルを終えて、丁度タクシーに乗った頃、
ドーン!という音とともに目の前に稲妻が!!

灰色の重く垂れ下がった低い空に光の筋が枝分かれしていくのを見ました。


多分、あんなにはっきりと目撃したのは、小学5年生の時振りだったと思います。

幼い私は母と一緒に、家から50mほど離れた所に夕食の野菜を
買いにいくことになり、近くだから大丈夫だと気軽に外に出ました。

すると斜め45上の空の彼方から、もの凄い雷鳴と共に、
私たちの頭の上を通過し枝分かれしながら
背中後ろの空の果てまで、稲光が空を埋め尽くしていったのです。

近くのお宅では、その時ガレージのランプから火花が散ったと言っていました。

今思い出しても本当に無事で良かったです。

偉大で、畏怖を感じます。

先日セレンゲティ国立公園の番組を観ました。

地平線まで続くサバンナにたくさんの動物が暮らしていました。

日本に生まれた私は、あまりの野生動物の多さに、
自然の交差点のようだと思いました。

キリンが空高く首を伸ばし、ライオンがヌーを食べ、
ときにハイエナに取られながら、大きな群れが広大なサバンナを駆けていく。
空には大きな翼の鳥。

そして、命は厳しい自然のサイクルの中にありました。

私の心の中では稲妻のそれと等しい学びがあり、背筋の伸びる思いがしました。

私も生きていることのリアリティーと本質を忘れないように、

尊い今を大切にしたい。



PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
遠い記憶
私も小学5年か6年のとき、学校の教室の窓から降りしきる雨と、その向こうに何度も何度も光る雷光を見ていたこと。つい昨日のように思い出されます。雨って嫌だなあって思うこともあれど、そうした記憶に触れながら、本を読んだり、散歩したり、ドライブしたりも、いいなあって思います。
雨もまた、素適!です。
norisanJPT EDIT
at : 2008/06/11(Wed) 08:04:00
生死の竿頭
おはようございます。
雷、凄かったですね。私はあまり至近距離で目撃したことはないのですが、目の前で炸裂されては、それはリアリティありありのことだった思います。
厳しい自然界のなかで、生死の竿頭に立つことの緊張感を、鈍く安逸な都会生活が忘れさせてしまい、
そこから生まれる慢心が、生の尊さや重みに対する鈍感さを生むとしたら、それこそ慄然とすべき事態なのかも知れません。
綾子さんがその鋭利な感性で摘出されたように、鈍重な都会暮らしのなかにあってもなお、感じる手がかりはいくらでもある。
大切なものを見失わないよう、日々、目と耳を研ぎ澄まし続けていたいものです。

さて話題変わって、リハーサルお疲れさまです。今度は8さんとですか。
また「海の唄が聴こえる」などなど、やってくれるかな? おなごペアの演奏、楽しみにお待ちしています。
かんぱち EDIT
at : 2008/06/11(Wed) 07:27:31
雷大っ嫌い!
 雷からは免れました。その時間
なんと綾子ちゃんは電脳コイルで携わったNHKで、その音楽番組「SONGS」の収録に当選し、絢香さんの回に
客席で出演してしまいました!
来月9日放送されるので、お時間あったら見てください。
終わって帰宅した時間はすっかり雨も
上がっていました。僕は音だけでイヤに
なりますね。枝分かれした稲妻・・・
失神してしまいますよ。
野生動物の共存・・・そんな平和な
社会とは無縁の今の日本の殺伐とした
通り魔事件や、食料の高騰、生活も
大変です。
サイクルの故障
人間界にも自然同様、厳しいサイクルがありますね(T_T)
ただ、最近は自然のサイクルではなく、人間独特の歪んだ事象が多いですね(T_T)(T_T)(T_T)
フラワーブック EDIT
at : 2008/06/10(Tue) 18:05:18
晴れていた
私の住む東北では、快晴でした。気温は27℃を超える暑さになったことに驚きました。

自然界は、いつになく厳しいところです。動物は互いに共存して生きている。
そんな中で、人間も生きている。だから、人間だけが好き勝手なことをして自然のサークルを壊しては、いけないのですよね。
ぱっち@ EDIT
at : 2008/06/10(Tue) 17:55:25
無題
そうなんですよねぇ、自然の摂理、生きている本質、たくさんの太い線で結ばれているその接点、その太い線の向こう側から操る細い線、その繋がりが知りたいんですよね。一つの処へ収斂していくのでしょうか。
その前に大空を飛ぶ猛禽類のように、風と戯れ自在に乗りこなし、囚われもなく優雅に羽ばたきたいものですなぁ~
人生の空に吹くいろんな風を乗りこなしたいものですなぁ~
しかし鳥の足跡は見えません。何処を飛んでも道となる、鳥の足跡は好きです。その背景にある空はもっと好きです
「遥か」という歌を聞くと子供の頃の一場面が思い出されます。やっぱり池田さんの歌は心のざわめきをなだめてくれます。
EDIT
at : 2008/06/10(Tue) 17:26:21
TRACKBACK URL 
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]