忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
486  485  484  483  482  481  480  479  478  477  476 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

屋久島に行ってきました!

この季節の屋久島は初めてで、まだ知らない屋久島の魅力をたっぷり

感じることができました。




雨と太陽が交代でやってくる屋久島。

一日の間に何度も何度もお天気が変わっていきます。

海には子ガメが孵る光景がありました。

ウミガメの卵が孵化して、子ガメが砂をかき分け、一目散に海を目指す姿。

頑張れ!という気持ち。砂から顔を出した子ガメ。

世界へようこそ。生きる地球の世界へ。

時には砂から這い出てすぐにカラスに食べられてしまったり、

出遅れて砂の中から出てこられない命を目の当たりにしました。

生まれた命の運命をどう感じたらいいのか、気づいたら自問自答していました。

それでも、無我夢中で海を目指し、小さな手を動かして走り出します。

砂から出て24時間、子ガメは眠らずに泳ぎ続けるそうです。

どれだけ遠くに行けるかが、天敵から逃れられるかに直結して、

その子ガメの生存率が変わるのだそうです。

走る。

走る。

どれだけ遠くに行けるのか。

強く生き抜くために。

「生きる」ことの過酷さと尊さを、小さな甲羅いっぱいに背負って。

胸が熱くなりました。

今まで私という命が何十年も生きてこられたという事が、

本当にありがたいことなんだなと。

山も、川も、海も、そして私たちも、

全てがひとつの大きな命の輪の中にあることを感じられる時間でした。



もちろん、今年の森祭りの準備も進めることができました!

地元の商工会青年部の皆さんとお会いしたり、

今年の「やくしま森祭り」開催についての作戦会議です。

色んなアイディアを持ち合って、熱心に話し合いがなされていきます。

こういった皆さんの力がさらにお祭りを支え、動かして行くんだなと実感しました!

また、このブログを読んでくださっている皆さんから、

いつも頑張ってと背中を押され、元気を頂いているように、

今回の旅で「今年も楽しみにしてるよ!」と

たくさんの方に声を掛けて頂き、改めてガッツが入りました!

今年も、山並みと満月、キャンドルの光の中で音楽が響き渡るあの光景を

みんなの力で作り上げ、そしてご来場のみなさまにお届けしたいと思っています。



そして、その前に!

先日発表になりましたが、ビルの森東京に、

一日だけ森祭りを感じて頂けるようなライブを運びます!



9月10日の「やくしま森祭り pre event 〜もりぎふと〜」

shibuya DUO music exchange (TOKYO)



森祭りを初回から一緒に盛り上げ、育ててくださっている

「小柳ゆき」さんを何とゲストにお迎えして、

東京のど真ん中で温かい時間を再現できればと思います!

そして、今回皆さんから歌のリクエストを募っちゃいたいと思います!

森祭りの再現といい、盛りだくさんで今からかなり「おーっ!」です!!!


ぜひ、皆さまのお越しをお待ちいたしております☆

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
応援ありがとうございます。
いつも池田綾子を応援していただきありがとうございます。

先般、心あるご指摘を含む書き込みを頂きましたが、当ブログに掲載されるべき内容ではなかったため、真摯に受け止めつつ削除させて頂きました。
スタッフなどへのご意見、ご連絡は当ホームページのメールよりお願いいたします。

皆様に楽しんで頂けるホームページを目指してまいりますので、今後益々のご声援をよろしくお願いいたします。

池田綾子スタッフ一同
池田綾子スタッフ一同 EDIT
at : 2008/08/13(Wed) 11:05:27
分かりやすく
 抽象的な概念が、子ガメの生態で
キャンバスに描かれるように分かりやすくて、ちょっと感動です。

プレイベントなんですが、そのduoに
僕は前日9/9に行くんですよ。その翌日となってしまうと、森祭りといえども
ちょっと集中力の点で厳しいですね。
第4週だったらよかったのですが。
というわけで、非常に残念なんですが、
森祭りは今年も断念することに
なってしまいました。(あと個人的には
来年以後のツアーで、もう少し安くならないかと要望したいところです。)
今、実家でつかの間の休暇中です。
黒幕X~typeR(旧ブラックウイルス) EDIT
at : 2008/08/12(Tue) 09:52:51
カメの命を考えるとはかないと感じます。でも、その中にも、最後まで生き抜いて、また再び屋久島に戻ってくると考えると、一匹一匹が一生懸命海を目指そうと頑張る姿を見たら、感動してしまうと思いますよ。

やくしま森祭りまで、あと2ヵ月です!!今年も、成功することを願っています。
ぱっち@ EDIT
at : 2008/08/12(Tue) 08:36:40
残暑お見舞い申し上げます
綾子さんこんばんは。

気が付けば第3回森祭りまであと2ヶ月なんですよね。開催が発表された頃はまだ先のことのように感じていましたので、ホントに時の経つのは早いものです・・・・

そして来月duoでの「もりぎふと」は少し遅めの夏休みを頂いて参加予定。もちろんリクエストもさせて頂きました。正直ハードル高いかなあと思いつつ・・・・
とにかく6/14のフラボ39以来、久しぶりに綾子さんにお会いできる日を心待ちにしている今日この頃です。

まだまだ暑い日が続きますが、体調には十分気をつけて頑張って下さい。
ミスターM EDIT
at : 2008/08/11(Mon) 22:09:40
無題
屋久島はまさに生命の宝庫ですね
自分もそんな神秘的な屋久島に行って綾子さんのライブに参加してみたいです
ちなみに歌のリクエストは「はなびら」と「僕達のTomorrow」でお願いします
HAMMOND EDIT
at : 2008/08/11(Mon) 21:41:56
無題
同じ空なのに、とても力強い色を放っていますのは、なぜでしょうか、それにしても、素晴らしい景色につられ気色も素晴らしくなりますね。

ちらっと、池田さんのHPをお散歩したら、小さな鞄、鮑ぢやなくてですね、がJALのHPでダウンロードできるようになっていて、それに耳を寄せていました。
そして、特別企画、リクエストしちゃいましたもんねぇ~~。楽しみですねぇ~

最近あたしは、自分の頭で描いている方向と、実際進む方向が、ことごとく、逆へ向かうんです。自分で目一杯抵抗してもそれがダメなとき、同時に宿命のようなものを感じ、ジタバタもがいているんですけど、その力強さに、包まれる心地も感じて、なぜだか仕合せに思いました。こうなったら、全てお任せしてしまえぇ~、そう思いました。人生複雑で難しいけど、そんなに悪いところではありませんね。そう思いました。
EDIT
at : 2008/08/11(Mon) 17:35:21
TRACKBACK URL 
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]