忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05
496  495  494  493  492  491  490  489  488  487  486 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

八咫の火祭りの奉納演奏の旅から帰ってきました!

雨の多い旅となりましたが、本番数時間前からお天気も回復へ。

歌っているときに、降っていると分からないほどの細かい雨が、

まるでスローモーションのようにゆっくり降り注いでいました。

まるで天からの羽衣のようでした。

熊野の太鼓も大迫力で素敵でした。

ノリシゲさんはギターで弾き語って、

「満月」という歌が山々に響き渡っていました。

その後、私はピアノ長谷川久美子さんと一緒にステージへ。

凄く神秘的で、感動の渦の中にいました。

今回、縁あって歌わせていただいた私たちを、

熊野の皆さんが温かく迎えてくださったのが本当に嬉しくて、

土地の癒しの力と共に元気を分けていただいたような気がしています。

その感謝を今ある私の全てで、祈りのように歌わせて頂きました。

美しい熊野。

心も体も洗い流されて、本当に歌わせていただけたご縁をありがたく思っています。

川船や、温泉、山並みから立ち上る雲海。

熊野ならではの美しい景色に出会うことができました。

詳しくは、JALH.P.で連載中の「歌になる旅」でじっくりお伝えしたいと思います!

掲載までまだ少しお時間を頂きますが、ぜひ読んでみてください。


本当に、心の芯が凛とする旅でしたー。

改めて、音楽と共にある「今」という時間を感じることのできる旅!

八咫の火祭り、素晴らしかったです!

ぜひ一度、その目に映してみてほしい場所のひとつです。




PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ありがとうございました!
「八咫の火祭り」にご参加くださり、
ありがとうございました。
小雨が降る中でのステージ最高でした。
また、同じ場所で、すばらしい歌声聴かせてください。
シイ太 EDIT
at : 2008/09/10(Wed) 15:52:25
小雨の奉納ライブ
綾子さんこんばんは。
遅くなってしまいましたが、先日の「八咫の火祭り」での奉納ライブ、大変お疲れ様でした。

ライトアップされた大鳥居をバックに歌う綾子さんもなかなか幻想的でしたし、綾子さんの「歌手魂」を随所に感じ取ることができたと思います。

自分も熊野は初めてでしたが、ホントに素晴しいところでした。今回は行けませんでしたが、また機会があれば熊野古道も歩いてみようかなと思っています。

次回はいよいよ「もりぎふと」ですね。これからまた忙しくなりそうですが、体調には十分気をつけて下さい。 
ミスターM EDIT
at : 2008/09/01(Mon) 23:05:01
感動しました
小雨の降る中
素敵な歌をありがとうございました
池田さんの美しい歌声に
感動し涙が出てました
ぜひまた熊野地方にいらしてください
みずき EDIT
at : 2008/09/01(Mon) 20:44:00
素晴らしい
キレイな風景ありがとう。歌になるたび 楽しみにしています。
Hブリッジ EDIT
at : 2008/09/01(Mon) 17:07:46
霧雨
降ってるか降っていないか分からないほど小さい雨が、神秘的な演出をしてくれたようですね。

写真の中の景色も霧がうっすらとかかっていて、これもまた神秘的ですね。
ぱっち@ EDIT
at : 2008/09/01(Mon) 16:54:50
素晴らしい
素晴らしい風景ですね。古代の空気が伝わってきます。
その場所に居ることができるいいショットですね。
日本にはいい所がたくさんありますね!
フラワーブック EDIT
at : 2008/09/01(Mon) 08:48:52
美しい熊野。
綾子さんと同じく29日に和歌山入り。2日間かけて、熊野古道中辺路(なかへち)を全踏破いたしました!
雨に降られて、けっこうきつかったー!でも綾子さんの写真にも見えるような、谷々を霧のめぐる幻想的な光景にもたくさん出会えたし、温泉の湯はつるつると肌に優しくて気持ち良かったし。何といっても、水がおいしい。ご飯もおいしい!人はみな気さくで優しいし。もう最高です!!
そして八咫の火祭り。厳かな中にも、山里に寄り添って住む人々の輪を重視した、あたたかなお祭りと感じました。
しっとり優しい雨の舞い降りるなか、裸足で、ピアノの長谷川久美子さんと共に、歌を奉納する綾子さん。
その歌声はたっぷりと豊かに、そしてまさに祈りのように。あの広い大斎原(おおゆのはら)一杯に響き、森にこだましてゆきました。
共演ののりしげさん共々、気持ちのほとばしるような熱唱、深く心に響きました。
そして夜空を焦がす最後の花火、綺麗でしたね。今年も綾子さんとともに、海に山に、夏を満喫いたしました。
さて次は秋の陣。プレイベント、久々のラジオ放送、JALコラム、そして森祭りと、実り豊かな綾子さんに出逢うのを、ますます楽しみにしています。
かんぱち EDIT
at : 2008/09/01(Mon) 07:51:49
TRACKBACK URL 
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]