忍者ブログ
~ikeda ayako & ayako's staff blog~
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/23日に日本橋三井ホールで行ったコンサート
「この時の中で」にお越しくださった皆さま、
そして、遠くから祈ってくださった皆さま、
本当にありがとうございました!

今回のテーマは「挑戦」でした。

10周年のコンサートから約2年。
公私ともに変化していく時間の中で、
音楽とこれからも共にあれるのかということを
ゼロから考えて、いっぱい自問自答した先に
今回のコンサートがありました。

musicians:

Violin CHICA
piano 長谷川久美子
Guitar 末松一人
Bass 竹下欣伸
Percussion 藤井珠緒

素晴らしい演奏に感謝。原曲を感じてくださりながら、
その上で今回ならではのサウンドで色鮮やかに奏でてくださいました。
背中にその景色を感じながら、歌が混ざり合う。
夢の中のように、自由に音楽を泳いでいました。



今の私から、小さくても一歩進んだ音楽を探したい。それは何だろう。
そう思ったとき、色々なやってみたいことが溢れていきました。

そして「音楽」をより感じで頂くために、今回はいつもの素晴らしいステージ装飾も
ゲストアーティストもお呼びせず、衣装も色鮮やかな世界から真白な世界へ。

ニットアーティストmikaがこれまでの私の11年間の節目で着てきた衣装を
リメイクして一着のドレスを作ってくださいました。
今までの音楽を纏って、その先へ。
正に今回のテーマのような作品でした。



音楽の中には朗読から歌う物語への挑戦もありました。
これはスペインの「mecano」というアーティストが作ったジプシーの伝説の歌を
訳してひとつのお話として朗読してから曲を歌うというものです。
これからコンサートの中に取り入れていきたいと思う興味深い世界でした。

そして一年前、天に旅立った伯母への想いを綴った未発表曲の弾き語り。
最後まで人のことを想って、笑顔で旅立った伯母。
旅立つ数日前にお見舞いに行った時も、
その心は感謝と励ましに満ちていました。
「また会えるわ」「ありがとう」「大丈夫よ、頑張ってね」
「失敗したってまたやり直せばいいのよ」
本当は辛いはずなのに、全てが私たちを思いやるものばかりでした。

人はこんなにも最後まで優しく清らかでいられるものなのか。
私がこれから生きていく中で大事なことを教えてくれた、旅立ちでした。
その時、ひとつの歌が生まれました。奇しくもこの日は伯母の一周忌。
天からきっと見守っていてくれたと思います。


更に冬の歌、クリスマスの歌、今の私の精一杯を音楽に込めて歌い続けました。
あっという間のひととき。
皆さんと一緒に「歩きましょう」の大合唱も嬉しかったです!
RIAとNORISHIGEの想いを乗せたこの曲。
アカペラでマイクを使わずに始まって、最後は大合唱。
これからも進んでいく、私たちの明日が見えた気がしました。



1 流星
2 こころたび
3 Train
4 人と人
5 moment
6 河
7 数え歌
8 うたの歌
9 ひらら恋胡蝶
10Hijo de la luna
11海を見ていた
12三日月
13ふたつの街で
14白いギフト
15ひとつの心
16生きているということは
17空の欠片
18種
19僕たちのTomorrow
20プリズム

旅人
歩きましょう

たくさんのことを、ひとつずつ手に取って、
大切に心と向き合って、まっさらな気持ちで
心に問いかけながら作ったコンサート。

メールやfacebook、Twitter、そしてこのブログにも
たくさんのメッセージが届いています、ありがとうございます!

皆さんの感想が、次へと想いを繋げてくれます。
来年はツアーまたやりたいな、とか、あの街にも行きたい、
こんな挑戦もしてみたい、音楽が膨らんでいきます。

あぁ。
やり遂げることができて、本当によかった。

嬉しかったです!

そんな想いになれる言葉を、皆さんありがとう。ありがとう。

これからも精一杯。歌いたいです!




PR
いよいよ今週の土曜日、「この時の中で」がやってきます。

昨日は全体リハーサルをしました。

気がつけば9時間。
んー、濃厚!!

歌っていて楽しくて、色々想像を巡らせながら
あっという間に一日が過ぎていきました。

音の中に見えて来た景色。

色とりどりで、挑戦をたくさんはらんでいる世界。

目を開けて、心を開いて、そこへ飛び込んでみる。

とても気持ちよくて熱中した時間でした!

写真はリハーサルの模様です^^
左からPiano 長谷川久美子さん、Bass 竹下欣伸さん、Percussion 藤井珠緒さん
Guitar 末松一人さん、私、Violin CHICAさん。




後は本番!
会場で会いましょうね!


日本橋三井ホールで、心からの音楽をたくさん用意して
皆さんのお越しをお待ちしております!



今福岡に来ています。

初年度から変わらずにご支援いただいている
JR九州さまに、やくしま森祭りのお礼とご報告に伺いました。
屋久島から森祭り実行委員会から内田さん、大野さん、そして馬場さんと
合流してご挨拶に向かいました。

今年は小雨は降ったものの、キャンドルと音楽、光りの切り絵と自然が織りなす
美しい音楽祭となったこと。
たくさんの人が協力してくださり、屋久島の皆さん主体の団結した開催になったこと。
ご来場くださった皆さんもぐんと増えて、笑顔に溢れる開催になったことなど、
お話させて頂きました。

お忙しい中お時間を頂きました、
唐池社長をはじめ、JR九州の皆さまの温かさに触れ、
笑顔の中で、また情熱がいかに大切かということもお話くださいました。

来年は9年目のやくしま森祭りになります。
改めてここからまたみんなで、自然と人に感謝をする、
屋久島だからこそ作ることのできる音楽祭を目指していきたいと思いました。



そして15日の夜は博多駅のイルミネーション点灯式。
街が一瞬にして輝きに満ちた世界に変わりました!
とってもきれい!そしてこの瞬間、何千人もの人が足を止めて笑顔になっていきます。
私も暫く夢のように見とれてしまいました。







何かを夢見たり、何かにワクワクするエネルギーは、人を笑顔にする。
辛いことも大変なこともその力で、きっと越えていける。
そんな風に思えた日でした。

そして。
私もワクワクしながら心に真っすぐ、
情熱をもって音楽に取り組んでいきたいと思いました。


明日は東京に帰って音楽にとっぷり浸かろう。

来週のコンサートに向けて最後の準備が始まっています。
大分寒くなってきましたね。
木枯らし一号が吹いたりする頃になって、紅葉も正に今ですね。

さて、いよいよコンサート「この時の中で」のリハーサルが始まりました!

今までやくしま森祭りや山梨コンサート、式典やイベントなどもちろん
歌を届けさせて頂いているのですが、東京でのコンサートは
渋谷公会堂のコンサートから約2年振り。
ちょっと緊張しつつ、今、音楽が楽しくて仕方ありません。

今回のコンサートは、ピアノと声だけの世界から
鮮やかなバンドサウンドまで、曲によって音色を変化
させながら音の物語を紡いでいます。

最新アルバムはもちろん、
おなじみの曲や冬の曲なんかも選曲していて、
歌っていてワクワクしました。



この気持ちをもっともっと膨らませて、
23日は三井ホールに響かせたいと思います。

バックステージツアーの抽選もしました!
詳しくは抽選の模様の動画をUPしていますので、こちらを観てみてくださいね!
私、かなり素です笑。



ではでは、ぜひ会場で!
皆さまのお越しをお待ちしております!
ただいま帰りました。

自然と共に進む音楽祭、やくしま森祭り。

お天気もぎりぎり持ってくれて、本当に素晴らしい開催になりました!

会場に足を運んでくださった皆さん、
遠くから晴天を祈ってくださった皆さん、
ありがとうございました!
お陰で奇跡のようなお天気が夜まで続いてくれました。
小雨がぱらっと来てもすぐ止んで、風も演奏と同時に和らいでいきました。

お天気もそんなみんなの祈りを聞いてくれたのだと思います。

例年よりも更に島の人たちの手で作られた舞台。
大切に一緒に作りあげて、力と心を合わせて準備を重ねてきました。
携わってくださった全ての方々へ、一緒に進めて幸せでした、
本当にお疲れさまでした!来年もまた頑張りましょうね!ありがとう。


photo by arito

そして、8回目の出演者は

塩谷哲さん、溝口肇さん、岩崎宏美さん、そして、私池田綾子。

ベーシスト平石カツミさん、パーカッショニストスパム春日井さん、

そして光りの切り絵作家の酒井敦美さんです。

屋久島の自然の中で、音楽と光りの切り絵とキャンドルの世界が
ひとつになっていく夜でした。

今回からsaltさんこと塩谷哲さんが中心となってアーティストにお声がけを頂きました。
saltさんは奥様が屋久島出身ということもあり、島に音楽を届けたいという
熱い想いで一緒に進んでくださいました。雨に悩まされる場面もありましたが、
この日も素晴らしい演奏で、導いてくださいました!
そのお人柄で、音楽で、周りの人全てが生き生きとなってしまうのです。
本当にありがとうございました!

そして岩崎宏美さん。
歌に込められた想いや情景が、波のように打ち寄せて、
まだ自分の歌があるのにステージ袖で涙してしまいました。
本当に素晴らしくて、このままずっと聴いていたいと思いながら、
「すみれ色の涙」をデュエットさせて頂きました!
声が重なり合って、キャンドルの光の大地を吹き抜けて
山に届いていくのを感じていました。

溝口肇さんは、やくしま森祭り、とうきょう森祭りと雨の開催が続いて、
それでもチェロを弾いてくださったことは一生忘れません。
だからこそ、絶対にこの美しい景色の中で演奏して頂きたい!と思っていました。
溝口さんがステージ袖で「これはきれいだ…。」と呟いたのを耳にして、
本当に嬉しかったです。

この景色の美しさは、ひとつひとつ会場が力を合わせて灯して、
その灯を守っているたくさんの人の想いが、
輝きを増しているのだと感じています。


photo by hajime mizoguchi

今回空に満月と星空を見つけることはできませんでしたが、
酒井敦美さんの光りの切り絵で、地上に映し出されました。

本当に美しくて、優しくて、自然と響き合うかのようでした。

酒井さんに昨年森祭りを感じて頂いて、その想いで投影してくださった舞台。
一年越しで、この夜願いが叶いました。
酒井さん、ありがとう。

 
photo by atsumi sakai 

打ち上げ会場にて。皆さん本当にありがとうございました!!


来年へ想いの繋がる8年目。
こうやってひとつずつ、一歩ずつ、みんなで進んでいく音楽のお祭りが、
いつか、本当の島のお祭りになりますように。
そうして、次の世代に受け継ぐ音の文化になっていったら、という
大きすぎる夢を抱えながら。

全身全霊、歌を捧げてきました。

自然に、人に、心から感謝を込めて。


photo by arito
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
QR CODE
アクセス解析
最新コメント
[10/04 ぽんこつだましい]
[08/22 佐藤]
[07/03 428]
"ikeda ayako" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]